えひめハタラク研究所

ハタラクこと、組織づくりのこと、おカネのこと、愛媛から発信します。2019年開業しました!20代・社労士・独立系FPです★

401k[確定拠出年金]の運用商品変更がめちゃ簡単だった…!【vol.016_ハタラク通信】

こんにちは(^_^)/みずきです。
職場で401k(確定拠出年金)の話をしていた時のこと…

「新入社員だったし、よく分からず商品決めたままだよー」
「とりあえず元本保証型にしました」

…という同僚が何人も…!
じゃ、残高のお知らせ、見てみよーよ。

と、一緒に見てみると、あれれ…

毎月3,000円程度の積立額から、
手数料が約100円引かれていて…

「えっ?元本割れしてるやん!」(元本保証型なのに!)
f:id:hiraokasr:20190618204708p:plain

(と、ここで積み立て投資について語りまくるわたし…略)

話をふむふむ…と聞いて納得してくれた同僚からのギモンは、
元本保証の商品だけでなくて、投資信託も選んでみたいけど、変更手続きって手間じゃないの?
というもの。私もやってみたことがなかったので、

我が家の401kで、『運用商品の変更』をやってみることにしました。
(そしたら、ビックリするほど簡単だったのです…!)

① ログインIDとPWを確認する

必要なのはコレ。

加入した時に、送られてきた「確定拠出年金のお知らせ」の圧着はがき。
f:id:hiraokasr:20190613145020p:plain

開くとこんなかんじ。
f:id:hiraokasr:20190613145933p:plain

② 運営管理機関(=保険会社など)のホームページへ

”運営管理機関”になっている企業のホームページにアクセスしてみます。
私の場合は「東京海上日動 確定拠出年金」で検索。
f:id:hiraokasr:20190613150655p:plain
ログインページがありました。

ここに先ほどのIDと暗証番号を入れて…
f:id:hiraokasr:20190618123140p:plain
現在の加入状況が確認できます。
このへんは、年1回郵送で送られてくる「残高のお知らせ」と同じような内容ですね。
約42万円を支払って、評価額約52万円…で
約10万円、のプラスになっています。

「お金にも働いてもらう」ってまさにこれやな!と実感。。

このページでは、
商品ごとの過去の運用実績をグラフで比較したり、
お役立ちコラムを読んだりすることができました。
運営管理機関によって、内容はけっこう違うみたいですね。

で、いよいよ変更。

③ 記録関連運営管理機関のホームページへ

先ほどのページの右上「各種お手続きサイトへ」から
”日本レコードキーピングネットワーク”のホームページに。

f:id:hiraokasr:20190618123322p:plain

運営管理機関によっては、再度、IDとPWを求められる場合もあるようですが
今回はそのままログインすることができました。

f:id:hiraokasr:20190618124442p:plain

「運用割合変更」のメニューに進みます。

f:id:hiraokasr:20190618124510p:plain

チェックボックスにチェックを入れて、
合計で100%になるように、掛け金の割合を編集したら…

f:id:hiraokasr:20190618211654p:plain

完了!!!

(なんと、10分もかからずできちゃいました^^;)

ちなみに

運営管理機関(今回は、東京海上日動)のホームページを経由しなくても、
直接、記録関連運営管理機関(今回は、日本レコードキーピングネットワーク)のホームページにログインして手続きをすることもできます。

商品の詳しい特徴(手数料、運用実績など比較)を確認してから変更したい場合は、
まず運営管理機関のサイトを見るとよさそうです。

まとめ

運用する商品の変更は、簡単にできますが
あまり頻繁にやっていては、”積み立て投資だからこそのメリット”を享受できなくなってしまいます…。
(元本確定型から、投資信託などに変更する場合は、別ですが…)

変更をする際は、今後のプランをしっかり立ててから!長い目で!
(そして、行動に移すなら早めに!)といったところでしょうか(^^*