えひめハタラク研究所

ハタラクこと、組織づくりのこと、おカネのこと、愛媛から発信します。2019年開業しました!20代・社労士・独立系FPです★

育休を知っていますか―1回目の育休【vol.008_ハタラク通信】

育休を知っていますか。

私は、21歳・23歳の時に、それぞれ別の一般企業で、産休と育休を取りました。

 

あのとき、育休(育児休業)については、全然、知らなかったな。

…と、初めての育休を振り返って思います。

 育休に関連する、社会保険など、制度については、よく知っていました。

資格を取るのも、おカネのことについて勉強するのも好きで、

また会社創立から初めての育休取得者であり

周囲に自分で説明する必要もあったためです。

 

でも、育休って、というか育児というものの実態について、

よく理解していなかった…のです。

 

社会との接点はなくなり…

誰に評価されることもなく…

自分で働いて得る給与もなく…

夫以外の人とひとことも喋らなかった、という一日が当たり前…

毎日、孤独感ばかり募ります。

 

復職するか悩みながら1年経ち、

会社の準備してくれた条件そのままに、部署を変わっての復職になり…

自分のやりたかった仕事ではないという葛藤や

希望しているシフトと実態の違いなどから

復帰から、3ヶ月で退職してしまいました。

 

もっと、自分の希望を伝えたり、不安を伝えたり

会社とよく相談しておくべきだったのだな、と思います。

1年間の休業に対して、会社に対する負い目が大きく

よく打合せもしないまま「大丈夫です!」とニコニコしていたように思います。

 

育児を楽しむこともできないまま、毎日を鬱々と過ごした

私の初めての育休は、後悔のぎっしり詰まった1年間になりました。

つづく